<   2012年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧

大仙丈ヶ岳

4日目は雷でカメラを撮る余裕がほとんどなく、普通の記念写真が数枚あった程度だったので

5日目の最終日へ

大仙丈ヶ岳から今までの道のりを眺めてみました

農鳥小屋、間ノ岳から三峰岳、そこから両俣小屋

北岳山荘付近もみえます

今は大仙丈ヶ岳。そろそろ縦走も終わりに近づいてきました

仙丈ヶ岳は登るの一度諦めたくらいなのに、不思議と愛おしく感じます

甲斐駒ケ岳は、4日目の雨と雷の影響で登ることができませんでした。

次回は北沢峠からスタートしてみたいです


f0045974_20374983.jpg

[PR]
by tom-and-jiro516 | 2012-08-27 20:43 | 南アルプス

両俣小屋

3日目の寝る寸前のテント場の様子

まだ18:20と普段なら寝ない時間だけど山の中ではもう寝る時間なんです

朝早くから出発して、15:00くらいには目的地に到着し18:00くらいには寝る

体も疲れているし、今回は穏やかな樹林帯なのでぐっすり寝れました

f0045974_1552948.jpg


テントの右側には川が流れておりそこでTシャツを水洗いして体もタオルで思いっきり体を拭けました

他にも水が使いたい放題でコツヘルもごしごし洗えたしビールは美味いし沢まで降りてきた苦労が報われます

下界では連日35℃を超してますが、ここは標高2,000m夜は少し肌寒いくらいでテントも快適でしたよ
[PR]
by tom-and-jiro516 | 2012-08-27 02:05 | 南アルプス

南アルプス縦走コース

同じタグの縦走記録では、文字だけだったので普通の地図から軌跡を残してみました

今じゃGPSで記録できるとか^^;

1日目 赤ライン
広河原―二股分岐―八本歯のコル―北岳荘

2日目 青ライン
北岳荘―北岳―北岳荘―間ノ岳―農鳥小屋

3日目 水色ライン
農鳥小屋―西農鳥岳―農鳥岳―西農鳥岳―農鳥小屋―間ノ岳―三峰岳―野呂川超分岐―両俣小屋

4日目 黄色ライン
両俣小屋―野呂川超分岐―伊那荒倉岳―大仙丈ヶ岳―仙丈ヶ岳―仙丈小屋

5日目 オレンジライン
仙丈小屋―仙丈ヶ岳―大仙丈ヶ岳―仙丈ヶ岳―小仙丈ヶ岳―北沢峠


f0045974_15161516.jpg


f0045974_2271216.jpg



平面で見ると、どう移動してきたのは分かりやすく記録としても便利ですね

各日付のコースの距離、高低差などはこちらをどうぞ
[PR]
by tom-and-jiro516 | 2012-08-26 15:29 | 南アルプス

三峰岳から仙丈ヶ岳

この縦に伸びた長い稜線の先、雲で山頂が隠れているのが仙丈ヶ岳

三峰岳から両俣小屋(稜線の右側の沢沿い)まで歩きます

初日以来の樹林帯を目指すので一気に標高を1,000m下げるの長丁場となってます

f0045974_1261929.jpg


ここから樹林帯に入るまでの痩せた尾根は急勾配で怖かったぁ

登りだったら進んでも進んでも登りきれない様な錯覚になりそうなくらいきつい勾配だった。

疲れていたからなおそう見えたのかもしれない
[PR]
by tom-and-jiro516 | 2012-08-26 12:12 | 南アルプス

三峰岳(みつみねだけorみぶだけ)標高2,999m

北岳・間ノ岳・農鳥岳の白峰三山は南北に連なる稜線で山梨側を見る事ができ

この間ノ岳から長野県側にも上の稜線に並行して仙丈ヶ岳~塩見岳への長い稜線に

飛び移る事ができるのがこの三峰岳なんです

ここの稜線からは人が一気に少なくなり、道も一層厳しいものになりました

塩見の方に行かれる方が多かったと思いますが、自分はこの山から仙丈ヶ岳を目指す事にしてます

f0045974_9571731.jpg


上の文には間違いが^^;

写真を撮っている場所が三峰岳2,999m。

中央奥から農鳥岳・西農鳥岳と、中央のくぼみに農鳥小屋、左上の方に伸びる稜線の先には間ノ岳となってます

UPしてから、ハッ!と思った^^;失礼しました
[PR]
by tom-and-jiro516 | 2012-08-25 09:39 | 南アルプス

白峰三山

奥から、八ヶ岳、北岳、間ノ岳、そして西農鳥付近

農鳥岳は右手の方に。

白峰三山は、北岳・間ノ岳・農鳥岳の三山です


f0045974_22145365.jpg



4泊5日の縦走をまとめてみた記録です

長いので隠しておきます



8/17(金)4日目の追加 ~9/18追加~


大仙丈の手前で4人目のランナーに会いました。みんな軽装で明らかに装備が違うので遠くからでも分かります
この方とも少し話し、昨日の昼過ぎに野呂川分岐で一人ビバークしていたが、朝には居なかったと伝える。
レースの事を、両俣小屋で出会ったおじさんに聞いていたので、応援してますよ!がんばって!!と声を掛けた
この先雷に当たりそうなのは自分の方だったけど、選手のありがとう!気を付けて!の返事にこっちが元気になった。
まだ目の前のピークが大仙丈だと信じていたが、それに裏切られた時もさっき会った選手の頑張ってを思い出すと不思議と足が小走りに動き出す
天候の悪化が目の前に迫る緊張もそうさせていたかもしれないです。今考え直しても両俣小屋から森林限界を超した時に引き返す事が最上の判断だったのでは?と思います。ただ、戻るのは非常に困難な選択だっただろう。。。
もし、次。天候不安な状態で稜線に出ようとするならば引き帰す事が出来たなら今回の経験は生きるけど、また登ったのならばその時は経験を生かせなかったという事になるかもしれません。
そのくらい引き返すのはとても難しい選択の一つなのかもしれません。
今までに何十回と山に登り、計画を断念して下山したのはたった1度だけでした

4泊5日縦走記録
[PR]
by tom-and-jiro516 | 2012-08-22 22:20 | 南アルプス

農鳥小屋

標高2,800m

唯一雨の降らなかった日の朝

f0045974_22364898.jpg



この日の最後はふらふらでした^^;
[PR]
by tom-and-jiro516 | 2012-08-21 22:42 | 南アルプス

登山前の計画書

当初の計画

初日から目的地変更

2日目は、初日の変更分の北岳を登り、農鳥岳に行けなくなる

3日目は、農鳥岳に向かう所から。でも到着地の両俣小屋は計画通りに

3日目は辛いだろうと思っていたのでコースを短縮していて助かる

4日目、朝起きた時にルートを決める。3日目に移動が多かったので疲労がたまった

f0045974_038338.jpg


装備はこのリスト通りで実行

問題は相当重すぎた事が反省です

行動範囲が狭くなり逆に辛かった事もあった。でも縦走でこれだけの重さを運べたのは自信になった

f0045974_039257.jpg


登山前29kg

下山後24kgまで重量が減ってました。体重は増減ゼロ(笑)
[PR]
by tom-and-jiro516 | 2012-08-19 00:51 | 南アルプス

南アルプス

昨年たてた目標で、今年は南アルプス。そして来年は北アルプス槍ヶ岳

そろそろ一ヶ月ですが、体力作りの為に数十分のジョギングと

今までの一年間で近所の山でボッカ訓練をして準備をしてきました

8/14に山に入って先ほど下山をして無事に戻ってこれました!

4泊5日の南アルプス縦走のコースなどは、また別の機会に載せますが

北岳付近にあったケルンをまずはご紹介

f0045974_20162777.jpg


そして今回仙丈ヶ岳まで足を延ばしてみたのですが、そのきっかけになった動画をご紹介

この動画をみて、間ノ岳から仙丈ヶ岳まで歩いて行く事にしたのです

すごく綺麗な山の動画

南アルプスが少し身近に感じれるようになりました^^
[PR]
by tom-and-jiro516 | 2012-08-18 20:38 | 南アルプス

富士山登山

普通の登山だと記録なんて残してないのだけど

やっぱり富士山だし記録をメモ程度だけど書きながら登ってみたんです

今後の参考なるかもだし

f0045974_18473556.jpg



登山道で高山病の為に倒れ込んでいた人はだいたい8合目付近

ツアーや、団体さん、家族連れの方は一気に山頂には登らずに8合目のどこかで一泊をして

次の日の御来光という段取りになりますが、8合目で一泊しても高山病になりますので注意!

5合目から8合目までの間でいかに体を慣らしながら登るかにかかっていると思います

また、朝から登ると人が少なくて快適です^^

御来光にあわせて登ると大渋滞して登れなくなりますので上の表が参考になればいいです

また、山頂の小屋の営業は17時で全部閉まります。ご飯も休憩もできません。

その代わり朝の3時には店開きしてます。夜中登る方は営業時間を考えて登らないと寒くて大変
[PR]
by tom-and-jiro516 | 2012-08-13 18:56 | 富士山